Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

駅前つけそば!!!

今日は戦争に行ってきました。

タケシやけんとくんと7時半から並び、なんとか一番を掴み取りました。

テレビの取材なんかもありましたよ。

駅前つけそば

「駅前つけそば」 800円

スープは節を効かせた白湯系かな。かなりドロドロした感じ。

麺は独特のの風味香る極太麺。スープとの相性がバッチリ。かなりいい感じです。

モチモチとした食感と、蕎麦のような香りが堪らないです。

具材も厳選した物ばかりだそうです。甘いカブや大根などの変り種ですが、合いますね。

玉子には焼き印が押されていて、一風変わってます。

ステーキ肉もおいしかった。


スープ割りはセルフサービスでした。

結構あっさりとした感じになって満足できるはずです。

少々絞る柚子が、これまた違った味わいを演出してくれます。


かなり単調な感想になってしまいましたが、とにかく凄い。

テレビを見て、ここまでに多くの人たちが努力をしてきた事がわかりました。

やはりラーメンって素晴らしいな・・・。

スポンサーサイト
category
イベントなど

ラーメンファンタジスタ第四章レポート 第二弾

今年のラーメンファンタジスタもあと数日で終了です。

やっと第二弾も制覇してきたので、紹介していきます。


まずは「くじら軒」

くじら軒

「しょうゆラーメン」 850円

麺を一口食べた時から、口の中にじわっと広がるダシの風味が印象的です。

これは・・・煮干かな? 実にあっさりとしながらも味わい深い。

麺は若干固めに茹でられた細麺。スープとの相性はバッチリ。噛み応えがあります。

味玉やチャーシューなどのトッピングも完成度が高いです。一度食べてみる事をオススメします。


続いては徹底的に乳化にこだわったという麺や七彩と塚田氏のコラボ。

マイクロエマルジョンスピリッツ

「マイクロエマルジョンスピリッツ」 900円

スープを一口・・・実に濃厚! かなりクリーミーです。

「凌駕IDEA」とまではいかないものの、かなり粘度は高いです。

麺は蕎麦っぽい感じのやつでした。濃厚なスープとの相性が良く、スルスルいけます。

チャーシューも二種類。個人的には小さいほうが肉厚でおいしかったです。


最後は信州を代表する味噌ラーメン店のコラボ。

信州肉味噌ラーメン

「信州肉味噌ラーメン」 800円

コクのある味噌スープが実に旨い一杯。ザ・味噌ラーメンって感じです。

麺は味噌ラーメンらしい太麺。肉味噌との絡みはなかなかのもの。

上に盛られた粉チーズが、スープに奥行きをプラスしています。

スープを飲んだ時に、まず味噌の風味が押し寄せ、一足遅れて粉チーズが効いてきます。

この組み合わせはイケますね! おいしかったです。


明日からは「沈まぬ夕日ラーメン」が発売されるそうです。

残念ながら食べには行けませんが、皆さんこの機会に是非足を運んでみてください。

category
イベントなど

ラーメンファンタジスタ第四章レポート 第一弾

現在「ながの東急」で開催中のラーメンファンタジスタ。

第一弾は今日で終了したわけですが、なんとか全種類制覇しました。

もう少し早くこの記事が書ければ良かったんですけどね・・・。


まずは「一風堂」

一風堂

「白丸元味」 750円

運ばれてきた時から香ってくる香油がなんとも優雅。

こってり気味ではあるものの、スープの口当たりは実になめらか。クリーミーでうまいです。

麺は・・・僕が少々苦手な細麺・・・。しかし、スープとの相性が抜群で断然イケる!!

周りを見ると、結構お年寄りなんかも注文してましたね。

11月には諏訪に支店ができるそうです。また食べてみたいですね。


続いては名店 ロックンロールワンの嶋崎氏と信州のカリスマ 塚田氏のコラボ。

中華蕎麦

「神州中華蕎麦」 850円

喉越しの良い細麺が特徴的な一杯。メンマが、まんまタケノコだったのも驚きでした。

スープは若干香辛料が効いてピリッとしていてうまかった。実にあっさりで食べやすいです。

チャーシューも小さめだったものの、炙ってあって良かった。


最後は「信州コラボレーション」ならぬ「おっさんコラボレーション」。

おっさんコラボレーション

「あさりとホタテの貝そば~信州味噌仕立て~」 800円

門前町の名店「すや亀」の味噌を使用したという一杯。

すや亀の味噌らしい甘くふくよかな風味に、魚介のダシが加わってガツン系に。

ワンタンやホタテなどの脇役がこの味を壊さずに、しかし主張をしながら存在していたのは驚き。

なんかおっさん達らしいラーメンでしたね。それにしても・・・この麺はどこから持ってきたんだろう!?


第二弾もお楽しみに。

category
イベントなど

第五回信州ラーメン博レポートFINAL

特上寿司

ラーメン博が終わってから、丸一日が経った。

ホントに熱い三日間だった。

僕は、初めてラーメンを「食べる側」から「提供する側」に回った。



鰹節を削った・・・


チャーシューを切った・・・


海苔を切った・・・


麺を水で冷やして締めた・・・


麺を冷やす氷を取りに、冷凍車とブースを何往復もした・・・


寸胴をはじめ、いろいろな洗い物をした・・・


ゴミ出しに行った・・・


チケットを数えた・・・


麺を補充した・・・



いろいろやった。

全てが勉強になった。

自分のせいで店の評判が悪くならないように必死だった。

12時間殆ど立ちっぱなしだった。不思議と仕事をやっている間は疲れを感じなかった。

それだけ集中できた。


塚田さんの経営者としての真面目な一面を垣間見た。

ただただ面白いだけの人ではなかった。さすが社長だった。


六厘舎の人たちに可愛がってもらった。迷惑もかけた。

絶対、東京の店に遊びにいきますね。


打ち上げの特上寿司は旨かった。三井巻きも最高。

ご馳走様でした。


閉店後の東急に入って、ファンタジスタもご馳走になった。

厨房まで見せてもらった。ラーメンの詳細はまた今度。


楽しかった。疲れた。

皆さん、お世話になりました。また、お願いしますね。

category
イベントなど

第五回信州ラーメン博レポートⅢ

2日間のお手伝いの中で、結構いろいろなブースのラーメンを食べる事ができました。

駆け足になりますが、どんどん紹介していきます。


まずは賄い交換でいただいた「ゆいが本店」

田中さんが直々に持ってきてくれました。

ゆいが本店

「元祖 信州濃厚中華そば」

ゆいがには珍しい中太縮れ麺に、濃厚な豚骨スープが絡みつく一杯。

「ちょっとオイリーになっちゃったかな。」と田中さん。しかし、断然イケちゃいます。

しっかりと焼かれたチャーシュー、味玉もgoodでした。



続きましては、佐久の「文蔵」の2号店「junkF・B・Inoodle」

店主の真山さんとGTOは知り合いらしいです。僕が注文に行ったら、タダで作っていただきました。

ありがとうございました。

FBI 塩

「俺たちの塩(海老ワンタン入り)」

「文蔵」「FBI」共に未訪なので、何ともいえませんが、豚骨がウリのお店らしいです。

そのお店が敢えて「塩」で勝負したというので気になっていたのですが、ウマい。

あっさり過ぎず、こってり過ぎないスープと中太麺の相性は抜群。

海老ワンタンも海老の風味豊かで味が強めながらも、スープの旨さを壊していない。

むしろベストマッチ。是非、今度は豚骨も食べてみたいです。



続いては、行きたくても時間がなかった「特級煮干ラーメン 凪」

凪

「特級煮干ラーメン」

GTOの表現を無断借用するならば「まるで煮干を食べているよう。」

そのくらい煮干の風味が凄いです。それでいて魚臭くはない。衝撃でした。

低加水の麺が更にその風味を引き立てていました。



続いては「七代目助屋」

安養寺

「安養寺ラーメン」

名前は前々から聞いていましたが、食べたのは今回が初めて。

豚骨スープに味噌を合わせた重量感のあるスープが印象的。やや辛めだったかな。

やや軟らかめの麺が驚くほどスムーズに入ってくる。いいラーメンでした。



最後は、上田の名店「おおぼし」

ばりこて 塩

「ばりこて~塩~」

「これが噂のばりこてかぁ・・・。」と思いながら心してかかりました。

ちゅるちゅるの麺と、しっかりバランスの取れたスープがいい味を出してます。

個人的に気に入ったのは「鶏団子」。最初はシーチキンのような感じの風味が広がり

ちょっと遅れて肉の風味が押し寄せてくる。最高。



腹いっぱいです・・・。

category
イベントなど

第五回信州ラーメン博レポートⅡ

晩飯もラーメン博です。


まずは先日行って大当たりだった「寸八」

八洲勇

「GOイーストン 八洲勇」+「チャアコロのせ放題」 100円

店員さんの「お好きなだけ、じゃんじゃん乗せちゃってください。」の一言につられて

メチャクチャ乗せてみました(自重しような。オイ)

濃厚、しかししょっぱ過ぎないスープに浸されたチャーシューがめちゃ旨!

自家製の太麺もスープとうまくつり合っています。味玉も白身までふくよか。

これもオススメですね。是非食べていただきたい。


堀江さんにも挨拶してきました。一応、僕のことは覚えていてもらえたようです。嬉しかった。




お次は、前々から気になっていた岡谷市の「佑庵」

佑庵

「追いがつを」

ピンボケしてしまいました。これは失礼しました。

濃厚な魚介ダシが効いた白湯スープが印象的でした。

麺は若干固めの細麺で、結構食べやすい感じでした。カンスイは少なめらしいです。

チャーシュー代わりの「信州黄金シャモのコンフィ」もおいしかったです。



今日の最後は金沢からやって来た井出系ラーメン「神仙」

神仙

「中華そば」

中華そばのイメージを一新する濃厚豚骨スープの一杯。

麺は固めの細麺で、スープとの絡みは抜群。麺からは本来の小麦のいい香りが。

チャーシューも少し薄めでしたが、ジューシーで良かったなぁ。


さて、明日は頑張るぞ。

category
イベントなど

第五回信州ラーメン博レポートⅠ

今日からいよいよ「ラーメン博」がスタートしました。

初日は生憎の空模様でしたが、結構人はいました。


記念すべき一杯目は、前々から食べてみたかった「69'N ROLL ONE」

ロックンロールワン

「信州ROCK」

ほんのり生姜の風味が効いたスープに、ストレートな麺が特徴的な中華そば。

実にアッサリした感じですが、スープに振られた脂や生姜がイイ感じです。

雨の中で身体が冷えていましたが、温まる事ができました。

一週間ぶりのラーメン、おいしかった。



続いては、これも例年大行列の「梅の家」のブースへ。

石田さんや河本さん、渋っちさんなど知り合いも多く働いていましたよ。

梅の家

「梅の家ちゃーしゅーらーめん」

タップリのチャーシュー、刻みタマネギの浮かんだ一杯。千葉県発祥の「竹岡式」というそうです。

麺は太麺、中太麺、細麺の3つをバランスよく入れた「三刀麺」

それぞれの噛み応えが微妙に違っていて、とても面白いです。

チャーシューはプリップリで角煮のよう! 大満足の一杯でした。



続きましては、二軒醤油を食べたので、「味噌」

「凌駕井出亜イデア」に行ってみました。

IDEA

「condense味噌ラーメン」

comfyで見たことがありましたが、やや太めの縮れ麺にスープが物凄く絡みつきます。

これがウマイ! 一気に凌駕ワールドに引きずり込まれました。

スープの粘り感が尋常ではありません。こぼすと大変(爆)

こういったラーメンだからこそ、トッピングのキャベツの千切りもうまくマッチしてきます。

これは結構、女性が好みそうな味かも知れませんね。



最後に、明日からお手伝いをさせてもらう「史上最強のつけ麺」ブースへ挨拶に行ってきました。

塚田さんのご好意で、つけ麺いただきました。(写真無いです。スミマセン。)

うどんのように太い麺に、魚介の濃厚スープがベリーマッチ! 一食の価値ありですよ!


明日からは、GTOと一緒に朝からお手伝いをしています。

GTOはI.F.O.G(ゴトウ戦線)なる刺繍の入ったツナギを、

僕は「一麺入魂」Tシャツを着ていると思います。

是非、食べに来てください。

category
イベントなど

ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ

http://www.ramenhaku.jp/entry.php

いよいよラーメン博の出展店舗が発表されました。

僕とGTOはNo1の「史上最強のつけ麺」ブースに配属されました。

皆さん来てくださいね。


ちなみに、僕が食べたいのは・・・


必食

神仙、凪、ゆいが、梅の家、佑庵、寸八


考え中

ちばき屋、助屋、FBI、おおぼし、凌駕IDEA(この中から3軒くらい)


ですね。

category
イベントなど

RHCPが僕をさらいに来た

RHCP

今日は、不在の塚田氏の代わりにまとちゃんが作る

「レッドチリヌードル」 700円を食べてきました。


真っ赤なスープにキャベツ、コーン、チャーシュー、炒り卵、人参という

どちらかといえばカレーを想像する具材がトッピングされています。


感想は、辛い!!

しかしめちゃくちゃ旨い!!


ただ、辛いだけじゃなくしっかりとコクのでたスープは絶品です。


明日までの限定で、生憎の空模様となりそうですが、

食べに行く価値はあると思います。


けんとは無理だな・・・。

category
イベントなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。