Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

権堂 麺華

今日の昼は、権堂に新しくできた「麺華」へ。

昔ドトールコーヒーだった所です。そのあと別のラーメン屋があったような・・・。

店主さんは、市内の某有名中華料理店で料理長を務めていた方らしいです。

僕の行きつけの美容師さんの知り合いだとか。

坦々麺

「チャーシュー坦々麺」 600円

ノーマルの坦々麺はたったの500円という安さ。まずはコスパに驚きました!

挽肉や筍、ネギなどが浮いたスープはやや酸味が強め。辛さはやや控えめです。

(辛さの調整はお好みでできるそうです)

一口含むと、まずはほんのりとした辛味が舌を刺激し、続いて酸味が食欲を増進させます。

酸っぱさにつられてもう一口。なかなか虜になる味です。


麺は細めか太めか選べるようです。特に指定はしなかったところ細麺になりました。

喉越しが良い麺は、スープの風味を邪魔しないながらも、しっかりとした手ごたえを

胃袋に与えてくれます。普通盛りながらも結構な食べ応え。

チャーシューは柔らかく、ほろほろとしたものが4枚。そこまで厚くはありませんが

味はしっかり染みていて、噛めば噛むほどジューシーな風味を楽しめると思います。


味噌

「チャーシュー味噌ラーメン」 600円

こちらもノーマルは500円。チャーシューは5枚とボリュームがあります。

スープはコクがありながらも、後味はくどさがなく食べやすい!

上のニンニクチップがパンチを加えています。これがまたいい感じです。

麺は細麺でしたが、意外に合います。十分に味噌の風味を絡め取る所が素晴らしい!


さて、これだけでも十分満足なのですが、ランチタイムは替え玉が無料サービス!

これは凄いです。しかも十分量があり、実質2杯食べているようなものです。

今回は細麺で頼みましたが、太麺を頼んで違った味を楽しむのも良さそうですね。


全体として値段も味もサービスも良く、会計の時に申し訳なくなってしまうほど(笑)

テーブルが油っぽいのや、出てくるのが少し遅いなど欠点はありましたが

必ずや再訪したいと思いながら帰りました。

スポンサーサイト
category
ラーメン 長野市

特盛りに挑戦

今日の昼は「New old styleゆいが」に行ってきました。

なんか無性に体が特濃つけめんを求めていたので(笑)

あ、つけそばに改名したんでしたね。

特盛り

「味玉特濃つけそば」 900円

写真は特盛り(150円増し)です。

しばらく前にセブンイレブンでカップ麺も販売されてました。

しかしながら、やはりお店で食べるのが一番旨い!


スープはお馴染みのドロッとした魚介スープ。

今日も暑かったので、こういうしょっぱいスープが身に染み渡りました。

ただ、今日は若干塩加減が強かったような気がしました。

流石に砂糖は怖くて入れられませんが。


麺はあつもりで。相変わらずスープと良く絡み、弾力もあってかなりおいしいです。

かなり量も多くて食べ応えも十分。途中で辛くなったのは確かです(笑)

食べ終わった時には汗ダラダラ。ものすごい満腹感でした。


結局スープ割りは頼めませんでした。麺の量からすると、スープは少し少なかったですね。

category
ラーメン 長野市

長考の末・・・

数日前ですが、「我楽」に行ってきました。

本当は「まぜ」が食べたかったのですが、閉店間際だったので残念ながら売り切れ・・・。

「めん」にしようか「つけ」にしようか悩んだ末に「つけ」を選択。

つけ

「つけ(中)」700円 + 「味玉」100円

中盛りでも300グラムあるそうです。器のせいであまり多くは見えませんが、食べ応え十分。

注文の際に「温盛り」にするのを忘れたのですが、店員さんが気を使って確認してくれました。

麺はコシがある太麺。改めて食べてみると、先日紹介した「三ツ矢堂製麺」と同じ様な感じです。

喉噛み応えが良く、本当に「がっつり」食べられる麺です。


スープは節の効いたとろみのあるもの。

これだけでも十分に濃厚なものですが、節粉を入れると更に深みが出ていい感じ。

前回よりも粘度が高くなったような気がしました。麺との相性はかなりです。

ちなみに味玉は初めて注文しましたが、やや半熟のものでスープと良く合います。

最後には必ずスープ割りを頼みましょう。満足度があがりますよ。


これなら極盛りもいけそうです(笑)

category
ラーメン 長野市

醤龍二郎

今日は久しぶりに「醤龍」へ。

期間限定の二郎系の新作が登場したと言う事で、さっそく挑戦してみることに・・・。

お恥ずかしながら、今回はデジカメのバッテリーを忘れてきてしまったので、

写真は醤龍ファミリーの独り言(公式ブログ)よりお借りしました。許可はとってます。

醤龍二郎

「味噌二郎」 780円

醤油ラーメンが中心のお店ですが、珍しく味噌味のスープが特徴的。

やや辛さのパンチが効いており、その後にマイルドな味噌の風味が押し寄せる二重構造。

コクがあるのに食べやすい感じは、実に醤龍らしいです。たまらず最後の一滴までゴクリ。


上に乗っているモヤシと挽肉は、今までに見たことのないような組み合わせ。これは新しいです。

挽肉のジューシーな旨みと、モヤシのシャキシャキした歯ごたえのバランスが良く、

これだけで十分おつまみとしていけます。ご飯のおかずにしても旨いかもな・・・。

モヤシは丸々一袋分くらいはありますが、全然苦になりません。むしろもっと欲しい(笑)

そこに絡んでくるのが、醤龍らしからぬ平打ちの太麺。ストレートでコシが強いのが特徴。

モヤシと一緒に食べると、もう最高です。旨めぇ~

あ、書き忘れましたが、厚めのチャーシューは相変わらず絶品。

肉の弾力がありながらも、適度に脂を含んでジューシーなのが凄い。


さすがおじさんが満足いくまで突き詰めた味だけあって、完成度が高いです。

数量限定だそうなので、お早めに~

category
ラーメン 長野市

東和田 三ツ矢堂製麺

今日は東和田にオープンした「三ツ矢堂製麺」へ。

東京の方で何店か展開しているチェーン店らしいです。

今回は初めてだったので、看板メニューのつけ麺を注文しました。

三ツ矢堂

人によって、冷盛りだったりあつ盛りだったりと好みがあると思いますが、

四種類の温度から選べるというのがとても斬新だと思いました。今回は一番上の「熱もり」で。


三ツ矢堂 極盛り

「つけめん」 780円

写真は極(きわ)盛り、400円増しです。麺の量は(茹で上がり時ですが)1500g。

上に立ててある旗がなんかシュールです(笑)


スープには柚子油を効かせるか否かが選択できるのですが、気分的に無しにしました。

ちなみに、友人が頼んだ柚子有りの方を少し貰いましたが、個人的には無しで正解だったかな・・・。

風味が強すぎて、本来の醤油スープの旨みを打ち消してしまっているような気がします。


麺は極太。コシがしっかりしていて食べ応えありです。

ただ、何故かヌルヌルしているのが気になりました・・・。何だろうな。

具は太めのメンマが2、3本とナルトが多めに入っていました。

チャーシューも少し入っていましたが、あまり印象に残らなかったな・・・。


結局半分弱食べた所でギブアップ・・・。

腹いっぱいと言うよりも、別の何かを感じました。

category
ラーメン 長野市

せきとば

今日の昼は、日赤のそばにある「赤兎馬」へ。

メニューはラーメンのスープが三種類くらい、やきそば、定食類とかなり多め。

看板は店名にもなっている「赤兎馬ラーメン」だそうですが、かなり酸っぱいそうなので断念。

その代わりにこちらを注文。

肉にら

「肉にらラーメン」 780円

まず、出てきて最初に丼の大きさに驚きます。かなり大きい!

スープはあんかけ風の醤油味。ねっとりとした舌触りが特徴です。

しかし、意外にも後味は実にすっきり。なかなかクセになりそうなスープです。

あんのおかげでスープは最後まで熱々。ヤケドに注意です。


麺は細めのストレート。スープにこれでもかというほど絡まってきます。

喉越しも良く、しっかりしていて食べやすいのは確かですが、これまたかなり熱いです。

普通盛りでもかなり量は多め。

全体を通して、熱いものが苦手な人には厳しいかな・・・。


具は豚肉、にら、ニンジン、タマネギ、それにキクラゲの野菜炒めがタップリ。

シャキシャキ感が食べている人を飽きさせません。豚肉はさっぱりしていて、箸休めには最適。

言い忘れてましたが、スープ表面の胡麻がいい感じです。



ちなみに、母親が注文した看板メニューも・・・

赤兎馬

「赤兎馬ラーメン」 900円

これまたねっとりしたあんかけスープが特徴。強めに酸味と辛味が効いています。

トロッとした玉子がいい味を出しています。

僕も少し食べさせてもらいましたが・・・なかなかいけます。

麺はおそらく先ほどのラーメンと同じ物。スープとの絡みが強いです。


以前はなんとなく避けていたお店でしたが、なかなかおいしかったです。

category
ラーメン 長野市

家系が・・・

今日はタケシ、アスタリクと共に「たけさん」に行ってきました。

今回は久々に塩ラーメンにしようかと思ったのですが、外が大雪でかなり寒かったため

温まれる辛味噌にしました。

辛極み

「土鍋味噌豚骨 辛極み」 850円

今年もお世話になりそうな一杯です。

スープは、毎回思いますが結構辛め。大丈夫な人には堪らないですが、苦手な人は要注意。

まろやかな味噌に、辛味がさらなる味わいを与えています。鰹節追加で、さらに旨くなります。


麺は極太、もちもちとして存在感が凄いです。喉越し、弾力共に抜群です。

熱々のスープと絡まって、身体を芯から温めてくれます。


具の野菜は、アクセントになっています。ネギは多めなのが嬉しいところ。

チャーシューは、やわらかくて食べやすいです。


店長の竹田さんは、もともとは家系のお店で修行をしていたそうです。

それなので、なんとか家系を作ってくださいとお願いしたところ・・・OK出ました!

なんでも、現在提供している「醤油豚骨」スープの濃度を高くして、チー油を加えれば

家系のスープに変身するそうです。スゲー

そんなわけで、この先限定メニューで家系ラーメンが登場する事になりそうです。

楽しみですね。

category
ラーメン 長野市

風に吹かれて

今日の2軒目は「屋台ラーメン 風に吹かれて」へ。

中古トラックを改造し、安茂里のデリシアの敷地にて営業しているちょっと変わったお店。

屋台ラーメン

前々からけんとくんから話は聞いていたのですが、なかなか行ける機会が無く・・・

しかしながら、明日で閉店という事なので、急遽自転車を走らせました。

トラックの中は左右の壁に取り付けられた一枚板のカウンター席が。6人入れば満杯です。



スープは醤油と塩の2種類ですが、香味油の種類が6種類もあるのが特徴でした。

油

店内の早見表を参考にして、考える事数分・・・。

一番気になった海老油と塩ラーメンの組み合わせを注文。中野市の「流」テイストです(笑)


風に吹かれて

「塩チャーシュー麺」 800円

学生は100円割引でした。本当にありがたかったです。

スープの表面は紫色に反射するほど大量の油が。海老のいい匂いがしました。

すっきりとした塩スープに、海老の風味が奥行きをプラスしています。あっさりで旨いです。

海老油は「かっぱえびせん」のような味。これが好きな人は堪りませんね。

若干クセの強いような気もしますが、是非ともオススメしたい組み合わせです。


麺は細めの縮れ。かなりスルスル食べられるのが特徴です。

スープの表面コーティングが絡み付いて、かなり熱々。ヤケドに注意です。

こちらはクセがなく 老若男女を問わずに好き嫌いなく食べられる味。

見た目以上にボリュームもあり、かなり満足度は高いような気がします。


チャーシューはバラでかなり多め。6~7枚は隠れていました。

形を保つ程度に柔らかく煮詰めてあり、ジューシーな肉とプリッとした脂身のバランスが絶妙。

スープと一緒に食べると、ジュワ~っと口の中で肉汁が溢れてきます。

トッピングで200円増しですが、これは頼む価値ありですよ!


トラックの中でラーメンを食べるという貴重な体験ができました。

これで閉店してしまうのはとても残念ですが、明日は通しでやっているみたいなので

気になった方は行ってみてください。本当に残念です・・・。

category
ラーメン 長野市

陳麻家

今日の昼食はけんとくん、タケシと共に東和田の「陳麻家」へ。

1年位前にできた中華料理店ですが、行ったのは今回が初めてです。結構家から近い。

店内は本当にチャイニーズな雰囲気で、かなり座敷も広々としていて居心地良いです。


以前からスーラータンメンの噂は聞いていたのですが、僕は酸っぱいものが苦手なので坦々麺に。

陳麻家

「パーコー坦々麺」 910円

大盛り(120円増し)にしました。写真では分かりにくいですがかなり大きいです。

スープは、僕が以前に食べてきた坦々麺とはまるで違ってドロドロのもの。

大量の胡麻が使用されているものと思われます。

スープを舌で感じながら食べる事ができます。これはなかなか斬新ですね。

詳しくは分かりませんが、かなりクセになる味です。

辛さは普通でオーダーしましたが、それでも結構な辛さ。ただ、痛いようなものではなく

身体を内側からじんわりと温める・・・そんな辛さです。ただ、苦手な人は要注意。


麺は細く縮れたもの。ドロドロのスープとの絡みが良く、スープを食べるような印象。

これは「ドロ系ラーメン」に近いニュアンスを感じました。

麺自体もメリハリがしっかりしていて旨いです。大盛りはボリューム満点。


具のパーコーはかなりしっかりした肉質のものです。

少し薄っぺらのような気もしますが、カリッとしていてなかなかのもの。

カレーのような風味を感じました。パーコーってカレー粉まぶすのかな?

辛挽肉は自然にスープと溶け合って、おもしろい歯ごたえが楽しめるのが魅力です。

チンゲン菜も箸休めには最適。結構これって重要ですよね。


なかなかメニューが豊富なので、また食べに行きたいです。

category
ラーメン 長野市

肉四倍麺

今日は「我楽」に行ってきました。

営業時間が夜9時までに延長されたみたいです。今までは夜8時閉店でしたが。

これでさらに利用しやすくなりました。通し+休無しなので最高です!

さて、新年一発目は「肉四倍」に挑戦することにしました。

肉四倍麺

「にくみそ」 800円 + 「にく(2枚)」 100円

それと麺大盛り(100円増し)です。以前は「にくよんばい」の項目があったと思うんですが・・・。

無くなってました。ちなみにオーダーは野菜、油多めのニンニク普通です。

相変わらずの野菜の盛り方は圧巻です。覚悟はしながらも毎回少し引いちゃいますよね(笑)

おそらく長野市では最強の二郎かと。


味噌ラーメンですが、上の野菜には麺のタレをかけても差支えがありませんでした。

以前は、スープに影響が出るのではと心配だったのですが、そんな事はありません。

さすがに味のついていないモヤシをこれだけ食べるのは大変なので、かなり助かりました。


やっと麺が見えてきたくらいのところでちょっと後悔しました。さすがに辛いです。


そして、その後は極太の麺が待ち構えます。ここの大盛りは本当に多いんだよな~。

喉越しの良い麺はかなり旨いですが、かなり大変でした。


チャーシューはやわらかくて食べやすい部分が5枚。これで1枚50円はかなり安いです。

ただ、アゴがかなり疲れるので要注意です。


なんとか完食しました。しばらくは二郎食べなくていいです・・・。


温玉にくめし

「にくめし」 200円 + 「温玉」 50円

以前に思案していた「温玉にくめし」ですが、実際にやってみました。

オーダーの時に、にくめしに温玉乗せてくださいと頼むと、快く引き受けてもらえました。

甘めのタレに、温玉のトロトロ感が奥行きをプラスしています。これはオススメの組み合わせです。

是非、やってみてください。

category
ラーメン 長野市
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。