Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

七代目助屋

今日は佐久市にある「七代目助屋」へ。

お昼時でしたが、比較的客は少なめで素早く座ることができました。

七代目助屋といえば、ラーメン博でも販売していたこちら。

安養寺

「安養寺らぅめん」750円+「青ネギ」50円+「煮玉子」100円

助屋らしいマイルドな豚骨を土台に、甘くてコクのある味噌を使った一杯。

ただし、その性質上スープの輪郭が若干ぼやけてしまっているのが玉に傷かな。

ラー油が少しかかっていますが、もう少し自分で足して食べると○

あまりしょっぱ過ぎないので、味噌が苦手な人でも食べやすいと思います。

麺は中太のもの。コシが強くてスープとよく絡まります。


具は・・・ネギがトッピングした割には少なすぎです。親が注文した普通のやつと比べてみましたが・・・

そこまで大差無しです。気持ち多めかなってくらいで。

たかが50円とはいえプラスしているので、もう少し量があっても良いんじゃないかな。


写真では分かりづらいですが、豚の挽肉が入っています。

意外にもコリコリとした部分が多く、噛む楽しさというものを見出してくれています。

チャーシューは大き目のものが一枚。しっかりスープを吸っていてジューシー。


全体として、かなりレベルは高いような気もしますが、最初から温いです。

夏場ならともかく(本当は夏場もねぇ・・・)この寒い時期なのだから、熱々のラーメンが食べたい!

今後改善される事を期待したいです。


ギョーザ

「ギョーザ」 250円

携帯のラーメン評価でサービスになります。一応さっき書いた事は指摘しておきました。

これはラーメンと正反対に熱々。舌がヤケドしそうでした。

皮がカリッとしていて旨し。ニンニクの風味が強めで、とてもスタミナがつきます。

これはオススメです。

category
ラーメン 佐久市

せきとば

今日の昼は、日赤のそばにある「赤兎馬」へ。

メニューはラーメンのスープが三種類くらい、やきそば、定食類とかなり多め。

看板は店名にもなっている「赤兎馬ラーメン」だそうですが、かなり酸っぱいそうなので断念。

その代わりにこちらを注文。

肉にら

「肉にらラーメン」 780円

まず、出てきて最初に丼の大きさに驚きます。かなり大きい!

スープはあんかけ風の醤油味。ねっとりとした舌触りが特徴です。

しかし、意外にも後味は実にすっきり。なかなかクセになりそうなスープです。

あんのおかげでスープは最後まで熱々。ヤケドに注意です。


麺は細めのストレート。スープにこれでもかというほど絡まってきます。

喉越しも良く、しっかりしていて食べやすいのは確かですが、これまたかなり熱いです。

普通盛りでもかなり量は多め。

全体を通して、熱いものが苦手な人には厳しいかな・・・。


具は豚肉、にら、ニンジン、タマネギ、それにキクラゲの野菜炒めがタップリ。

シャキシャキ感が食べている人を飽きさせません。豚肉はさっぱりしていて、箸休めには最適。

言い忘れてましたが、スープ表面の胡麻がいい感じです。



ちなみに、母親が注文した看板メニューも・・・

赤兎馬

「赤兎馬ラーメン」 900円

これまたねっとりしたあんかけスープが特徴。強めに酸味と辛味が効いています。

トロッとした玉子がいい味を出しています。

僕も少し食べさせてもらいましたが・・・なかなかいけます。

麺はおそらく先ほどのラーメンと同じ物。スープとの絡みが強いです。


以前はなんとなく避けていたお店でしたが、なかなかおいしかったです。

category
ラーメン 長野市

家系に負けず劣らず

今日は「将人」に。

ついこの間からメニューが全面リニューアルしたそうです。

その中でも、一番気になったこちらを注文。

豚骨醤油

「豚骨醤油らーめん」 790円

家系スタイルの一杯です。

スープはクリーミーな豚骨。家系のようなパンチはあまりありませんが、

その分豚骨の優しい味わいが強調されています。これは豚骨好きは必ず食べたほうが良いですね。

表面にタップリと張られた油が、さらに舌触りを滑らかにさせています。塩加減もちょうど良いかな。

以前に紹介した10円ラーメンのスープに近い物を感じました。


麺はやや太めのストレート。濃厚なスープに十二分に絡みつきます。

コシが強く、小麦の風味が実に豊か。麺だけでも十分に美味しいです。感動。

普通盛りでもそれなりにボリュームがあります。

茹で加減が選べれば良いんですがね。(若干かため)


具はお馴染みのキャベツがぎっしり。食べやすい大きさにカットされているため

気を使わず、ごく自然に食べられます。

麺を味わっている時に、ときどき感じるキャベツの歯ごたえが堪りません。

トッピングでキャべチャもあるようなので、今度は頼んでみようかな。

チャーシューは、前回好評だったバラ肉。若干薄くなりましたが、実にジューシー。

スープを程よく吸っていて旨いです。

どうしてもホウレン草が欲しいような気がします。トッピングで追加できれば良いのに・・・。


麺類の他に、サイドメニューやトッピングなども種類が増えました。

チャーシュー丼

「チャーシュー丼」 300円

見た目とは裏腹に、そこまで塩加減が強くなく、さっぱりとしています。

濃厚な豚骨ラーメンのお供にはもってこい。ただ、チャーシューは少し硬かったです。


まだまだ気になる新メニューが多くあるので、徐々に開拓していきます。

category
ラーメン 長野駅周辺

家系が・・・

今日はタケシ、アスタリクと共に「たけさん」に行ってきました。

今回は久々に塩ラーメンにしようかと思ったのですが、外が大雪でかなり寒かったため

温まれる辛味噌にしました。

辛極み

「土鍋味噌豚骨 辛極み」 850円

今年もお世話になりそうな一杯です。

スープは、毎回思いますが結構辛め。大丈夫な人には堪らないですが、苦手な人は要注意。

まろやかな味噌に、辛味がさらなる味わいを与えています。鰹節追加で、さらに旨くなります。


麺は極太、もちもちとして存在感が凄いです。喉越し、弾力共に抜群です。

熱々のスープと絡まって、身体を芯から温めてくれます。


具の野菜は、アクセントになっています。ネギは多めなのが嬉しいところ。

チャーシューは、やわらかくて食べやすいです。


店長の竹田さんは、もともとは家系のお店で修行をしていたそうです。

それなので、なんとか家系を作ってくださいとお願いしたところ・・・OK出ました!

なんでも、現在提供している「醤油豚骨」スープの濃度を高くして、チー油を加えれば

家系のスープに変身するそうです。スゲー

そんなわけで、この先限定メニューで家系ラーメンが登場する事になりそうです。

楽しみですね。

category
ラーメン 長野市

風に吹かれて

今日の2軒目は「屋台ラーメン 風に吹かれて」へ。

中古トラックを改造し、安茂里のデリシアの敷地にて営業しているちょっと変わったお店。

屋台ラーメン

前々からけんとくんから話は聞いていたのですが、なかなか行ける機会が無く・・・

しかしながら、明日で閉店という事なので、急遽自転車を走らせました。

トラックの中は左右の壁に取り付けられた一枚板のカウンター席が。6人入れば満杯です。



スープは醤油と塩の2種類ですが、香味油の種類が6種類もあるのが特徴でした。

油

店内の早見表を参考にして、考える事数分・・・。

一番気になった海老油と塩ラーメンの組み合わせを注文。中野市の「流」テイストです(笑)


風に吹かれて

「塩チャーシュー麺」 800円

学生は100円割引でした。本当にありがたかったです。

スープの表面は紫色に反射するほど大量の油が。海老のいい匂いがしました。

すっきりとした塩スープに、海老の風味が奥行きをプラスしています。あっさりで旨いです。

海老油は「かっぱえびせん」のような味。これが好きな人は堪りませんね。

若干クセの強いような気もしますが、是非ともオススメしたい組み合わせです。


麺は細めの縮れ。かなりスルスル食べられるのが特徴です。

スープの表面コーティングが絡み付いて、かなり熱々。ヤケドに注意です。

こちらはクセがなく 老若男女を問わずに好き嫌いなく食べられる味。

見た目以上にボリュームもあり、かなり満足度は高いような気がします。


チャーシューはバラでかなり多め。6~7枚は隠れていました。

形を保つ程度に柔らかく煮詰めてあり、ジューシーな肉とプリッとした脂身のバランスが絶妙。

スープと一緒に食べると、ジュワ~っと口の中で肉汁が溢れてきます。

トッピングで200円増しですが、これは頼む価値ありですよ!


トラックの中でラーメンを食べるという貴重な体験ができました。

これで閉店してしまうのはとても残念ですが、明日は通しでやっているみたいなので

気になった方は行ってみてください。本当に残念です・・・。

category
ラーメン 長野市

陳麻家

今日の昼食はけんとくん、タケシと共に東和田の「陳麻家」へ。

1年位前にできた中華料理店ですが、行ったのは今回が初めてです。結構家から近い。

店内は本当にチャイニーズな雰囲気で、かなり座敷も広々としていて居心地良いです。


以前からスーラータンメンの噂は聞いていたのですが、僕は酸っぱいものが苦手なので坦々麺に。

陳麻家

「パーコー坦々麺」 910円

大盛り(120円増し)にしました。写真では分かりにくいですがかなり大きいです。

スープは、僕が以前に食べてきた坦々麺とはまるで違ってドロドロのもの。

大量の胡麻が使用されているものと思われます。

スープを舌で感じながら食べる事ができます。これはなかなか斬新ですね。

詳しくは分かりませんが、かなりクセになる味です。

辛さは普通でオーダーしましたが、それでも結構な辛さ。ただ、痛いようなものではなく

身体を内側からじんわりと温める・・・そんな辛さです。ただ、苦手な人は要注意。


麺は細く縮れたもの。ドロドロのスープとの絡みが良く、スープを食べるような印象。

これは「ドロ系ラーメン」に近いニュアンスを感じました。

麺自体もメリハリがしっかりしていて旨いです。大盛りはボリューム満点。


具のパーコーはかなりしっかりした肉質のものです。

少し薄っぺらのような気もしますが、カリッとしていてなかなかのもの。

カレーのような風味を感じました。パーコーってカレー粉まぶすのかな?

辛挽肉は自然にスープと溶け合って、おもしろい歯ごたえが楽しめるのが魅力です。

チンゲン菜も箸休めには最適。結構これって重要ですよね。


なかなかメニューが豊富なので、また食べに行きたいです。

category
ラーメン 長野市

角煮ホイホイ

今日の夕食は「まとや」

ブログによると圧力鍋を購入したそうで、

今日明日の夜はチャーシューが角煮になるとの知らせを聞き早速飛んでいきました(笑)

以前からまとやの角煮には定評がありました。


角煮チャーシューが登場するのは黒とんこつ醤油とつけ麺の二品。

店頭では告知をしていませんが、「角煮でおねがいします」と注文すれば変えてもらえます。

数量限定だそうなので、お早めにどうぞ。


今回は未食の黒とんこつ醤油を注文。

黒とんこつ醤油

「味玉チャーシュー黒とんこつ醤油」 1070円

大盛り(無料!)にしてもらいました。

スープは表面をマー油で武装しており、目の前に置かれたときからいい香りがします。

保温力抜群で、一口目を食べる時にはヤケドに注意!

一見真っ黒なスープですが、マー油の下はあっさりした醤油ベース。

ガツンとパンチの効いた味と、後味すっきりの上品な味。一杯で二度おいしいのが魅力。

タップリの背脂も、よりマイルド感を演出しています。


麺はお馴染みの自家製麺。僕が以前に見たことのない細めの麺が使われていました。

細くなってもツルツルした滑らかな舌触りや、喉越しの良さは健在!

スープと背脂のコラボが、なんとも言えないようないい味を醸しだしています。

たくさん食べたい人には是非とも大盛りがオススメです。


角煮は・・・もう一心不乱にかぶりついちゃいました。

柔らかですが、肉質はしっかりしていて箸でつまんでもなかなか崩れません。

甘めのタレと、角煮のジューシーな風味・・・感動です。

味玉はやや固め寄りの半熟です。

スープに浸してもなんてことはないのに、口に入れるとジュワッととろける。

やはり味玉は半熟に限りますね! モヤシもうまく食感のアクセントになっていて飽きさせない。


明日の夜も角煮をやっているようなので、是非皆さん食べに行ってみてください。

category
ラーメン 長野駅周辺

肉四倍麺

今日は「我楽」に行ってきました。

営業時間が夜9時までに延長されたみたいです。今までは夜8時閉店でしたが。

これでさらに利用しやすくなりました。通し+休無しなので最高です!

さて、新年一発目は「肉四倍」に挑戦することにしました。

肉四倍麺

「にくみそ」 800円 + 「にく(2枚)」 100円

それと麺大盛り(100円増し)です。以前は「にくよんばい」の項目があったと思うんですが・・・。

無くなってました。ちなみにオーダーは野菜、油多めのニンニク普通です。

相変わらずの野菜の盛り方は圧巻です。覚悟はしながらも毎回少し引いちゃいますよね(笑)

おそらく長野市では最強の二郎かと。


味噌ラーメンですが、上の野菜には麺のタレをかけても差支えがありませんでした。

以前は、スープに影響が出るのではと心配だったのですが、そんな事はありません。

さすがに味のついていないモヤシをこれだけ食べるのは大変なので、かなり助かりました。


やっと麺が見えてきたくらいのところでちょっと後悔しました。さすがに辛いです。


そして、その後は極太の麺が待ち構えます。ここの大盛りは本当に多いんだよな~。

喉越しの良い麺はかなり旨いですが、かなり大変でした。


チャーシューはやわらかくて食べやすい部分が5枚。これで1枚50円はかなり安いです。

ただ、アゴがかなり疲れるので要注意です。


なんとか完食しました。しばらくは二郎食べなくていいです・・・。


温玉にくめし

「にくめし」 200円 + 「温玉」 50円

以前に思案していた「温玉にくめし」ですが、実際にやってみました。

オーダーの時に、にくめしに温玉乗せてくださいと頼むと、快く引き受けてもらえました。

甘めのタレに、温玉のトロトロ感が奥行きをプラスしています。これはオススメの組み合わせです。

是非、やってみてください。

category
ラーメン 長野市

リニューアル

今日は「New old styleゆいが」へ。

本日からメニューがリニューアルしたそうです。

「つけめん」が「つけそば」に改名。各種大盛り無料、特盛りの登場など上田店のような感じになりました。

そんな中で登場した新作ラーメンを食べる事に・・・

黒中華そば

「味玉黒中華そば」 880円

中華蕎麦というよりは、家系ラーメンといった感じのスタイルです。

スープはこってり豚骨醤油。焦がし醤油の香りと風味が食欲をそそります。

表面の油によってこってりを演出しながらも、後味はすっきりした感じ。しつこくありません。

中に入っているタケノコの角切り(それとも生姜?)が食感のアクセントに。

最後、底のほうには魚粉らしきものが溜まっていました。いろいろと奥深いです。


麺は太めの縮れ系。スープとの絡みはバッチリで喉越しもよく、旨い!

ムチムチと弾力があり、かなりの食べ応え。これで大盛り無料は実に嬉しいところです。

小麦の風味を存分に堪能しながら食べられます。


チャーシューは箸で崩せるくらいにやわらか。トロトロ感も相変わらずで良いですね。

少し食べるのに疲れた時にはキャベツで箸休めができるのも魅力の一つ。

味玉はやわらかくて旨いです。ゆいがの味玉はどこもいい仕事してますね~


かなり完成度は高いと思います。また食べたいなぁ。

category
ラーメン 長野市

桃太郎侍

今日の晩は青木村にある「熊本ラーメン 桃太郎」へ。

ここの角煮ラーメンはかなりいろいろな場所で評判を聞いていました。

一回食べてみたかったんですよね~。

角煮ラーメン

「角煮ラーメン」 850円

ドカンと盛られた角煮が強烈なインパクトを放つ一杯。

目の前でご主人が豪快に角煮を切り分ける様子は圧巻です。


スープはマイルドな豚骨系。臭みは一切無く、滑らかな舌触りでした。

しかしながら、若干塩気が足りないような気もしました。卓上に醤油とかあればな・・・。


麺は細め。狼煙や助屋のような極細ではありませんが、小麦麺という店では共通しています。

個人的にはこういう麺はあまり好みではないですが、スープと角煮の旨みで十分イケます。

量は少なめですが、替え玉もできるようなのでご心配なく。


メインの角煮はトロトロしていてかなり旨いです。隣では更にトッピングしている人が・・・。

何も言わず、豪快にかぶりつくだけですね(笑) かなりいっぱい入っています。

脂っこいのに少し飽きたら、これまた大量のキャベツで休憩・・・。ホントにクセになります。


全体を通してコストパフォーマンスが素晴らしいですね。これで850円は安いです。

さすがに青木村は遠いので、今度は上田にある2号店に行きたいと思います。

category
ラーメン 上田市・青木村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。