Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

つけめ・・・ん?

今日はちょっと用事で上田へ・・・。

昼食は「はち」に行ってみることにしました。相変わらずの行列で。

しかしながら、回転も良いのでそこまで待たずに食べられました。

今回はつけ麺1㎏に挑戦したかったのですが、都合により暫らくはお休みだそうです。あと味噌ラーメンも。

それなので前から気になっていたこちらを・・・

油そば

「油そば(大)」 800円 + 「生卵」 50円

底の粘り気の強い醤油ダレと麺をよく混ぜて食べる汁なしスタイル。

ラーメン博ではお土産で売ってましたね。

ねっとりとした麺の食感はなかなかクセになります。生卵がさらにマイルドな味わいを演出。

卓上の調味料で自分好みに調整できるのが汁なしのおもしろさですよね。

麺は喉越しがよく、大盛りとは言えどもあっという間に完食してしまいました。


スープ

ちなみに油そばにはこのスープがついてきます。すっきりした味でお口直しに最適。

至れり尽くせりと言った感じですね。


肉コショウごはん

「肉コショウごはん」 250円

小、中、大があり、どれも値段は一緒です。もちろん大を注文。

脂っこくないチャーシューとご飯の相性はなかなか良いです。

さっぱりしているので、濃厚な豚骨醤油のお供には最適なのではないでしょうか?

category
ラーメン 上田市・青木村

とどろき

今日は、再び「喜多方ラーメン 蔵 あっぷるらいん店」に行ってきました。

水と一緒に温かいお茶を出してくれるなど、サービスが実に充実してます。

今回は、前から気になっていたメニューを注文する事に。

轟鬼

「轟鬼~とどろき~」 861円

濃厚な節系スープのつけ麺です。

温盛りはメニューには書いていませんでしたが、おそらく対応してもらえるかと。

スープはかなり濃厚。しかしながら、今までのつけ麺と比べると少しライトな印象を受けました。

節の効かせ方が実にうまく、節系をあまり好まない人でもおいしく食べられるのではないでしょうか。

うちの母親がいい例でした(笑)


麺は極太の平打ち。やはり濃厚なスープにはこういった麺が合いますね!

スープの風味を感じながら食べられるのがいいところです。コシもしっかりしてます。

ちょっと普通盛りでは量が少ないかな。今度は大盛りにしてみます。


スープの中にはゴロゴロしたチャーシューが大量に隠れています。

これは若干しょっぱかったです。スープの塩気で十分食べられるので、もう少し薄味で良いのでは?

味玉は、かたくも無くやわらかくも無く、なかなかいい感じです。


あ、スープ割りは出てくるのに時間がかかるので注意です。


まだまだ気になるメニューの多いこのお店。通し営業で使い勝手も良いので、また行ってみたいです。

category
ラーメン 長野市

2010年もお世話になります

今日はタケシと共に「よし家」へ。

別にブログ名のリニューアル記念というわけではないです(笑)

味玉ラーメン

「味玉ラーメン」 770円

写真は大盛り(200円増し)で。もちろん「濃いめ、多め、やわらかめ」です。

この濃厚なスープは定期的に欲しくなる味です。かなりクセになること間違いなし。

個人的にはニンニクを入れて食べるのが好きです。なかなか昼間からはできませんが(汗)

そういえば、卓上の辛味噌(それともコチュジャン?)はまだ試した事が無いです。今度やってみます。


麺はやはりやわらかめがベストかと。スープをよく吸うのでかなり旨いです。

どんどん食べられるのも理想的ですね。


味玉はトロトロした半熟系。これもスープとの相性バッチリです。

モモチャーシューも相変わらず、噛み応えがあって良いですね。


今年もかなりお世話になると思います。家系はやっぱり良いですね~。

ただ長野市ではここしか食べられないのが悩みです。もう少し選択肢があっても良いのになぁ・・・。

誰か家系やってください(必死)


全然関係ないですが、高校3年生の皆さんは明日のセンター試験頑張ってくださいね。

category
ラーメン 長野駅周辺

サブタイトルが変わりました

リンクを貼ってくださってる方は、お手数ですがリンク名の変更をお願いします。

由来は、僕が家系を頼む時の「決め台詞」です。

また、変更するかもしれません。ニコニコ動画みたいに(笑)

category
お知らせ&ぼやき

肉好き

今日はSBC通りにある「蕃龍」へ。これで3日連続ラーメンです(笑)

11時半の開店時には客足はまばらでしたが、30分もすれば待ちの行列ができるほど。

ここはいつ行っても混んでます。

特製味噌叉焼麺

「特製味噌叉焼麺」 1080円

以前にやっていたブログでは何回か紹介しました。蕃龍と言えばやっぱりコレ。

巨大な丼からはみ出しているチャーシューは圧巻。肉好きの僕には堪らない仕様です。


スープはコクのある信州味噌を使用しているそうです。後味はさっぱりした感じで食べやすいです。

ほんのりとニンニクが効いているような感じがしました。しかしながら臭いが気になるほどではないです。

卓上の唐辛子を入れると更にスタミナがついて良いです。是非お試しあれ。


麺は意外にも細いです。スープとの相性は良いです。量もかなり多い。

これが太麺だった場合はそんなにスープと絡まず、麺の風味が目立ってしまうような気がします。

うまく考えられていると思います。


チャーシューは食べ応え十分。柔らかい部分と硬い部分が半々くらいの割合で入っています。

柔らかいところは食べやすいんですが、流石に3枚を超えるときつくなってきます。

ここで硬いところに当たるとかなり辛い。今回は何故か6枚も入っていたので大変でした(汗)

チャーシューの下にはたっぷりのモヤシとタマネギが隠されています。これは麺との相性が良いです。

牛挽肉も入っています。本当に肉が多い。肉肉肉。


これは相当肉好きの人しか注文してはいけませんね(笑)


そして、ここに来たら必ず注文するのがこれ。

焼餃子

「焼き餃子」 210円

写真は3人前です。池袋餃子スタジアムにも出品したという逸品。

リーズナブルの価格設定の上に、味も折り紙つきです。

表面はカリッとしていて、中はジューシー。満足度もかなり高いです。

ただ、餃子のタレは若干酸味が強いので僕はちょっと苦手ですね・・・。

せめて卓上に醤油は置いておいて欲しいです。

category
ラーメン 長野市

与謝蕪村

今日の昼食は「蕪村」へ。

12時過ぎでしたが、結構な行列ができてました。近くの「みそ家」も混んでたなぁ。

成人式があったので、盛装をしてる人もちらほら。

ちゃあしゅうそば

「ちゃあしゅうそば」 950円+ 「煮玉子」 100円

さらに大盛り(100円増し)で。ちょっとボリュームアップしすぎました(汗)

スープはとろみのある魚介スープ。口に含むたびに魚の風味が広がります。

前回も書きましたが、このスープはホントにやみつきになります。節系最高ですね。

卓上の柚子七味を入れると、さらに味の奥行きが深まります。是非オススメしたいです。


麺は太麺にも変えられる(追加料金なし)ということで、太麺にしてもらいました。

むっちりとした麺はコシが抜群。クセもなく、スルスルといけます。

ただ、従来の麺に比べるとスープとの絡み具合は少し劣るような気がします。ここは好みが分かれそう。

個人的には太麺の方が好きでした。


やわらかく、とろとろしたチャーシューは絶品。3枚追加で250円は安いですね。

しっかりとスープと絡まり、何とも言えない旨みを出しています。「NOS」を思い出しました。

メンマは極太。これもスープとの相性が良いです。白髪ネギもなかなかのもの。


まだまだ未食のメニューが多くあるので、今度はそちらも食べてみたいです。

category
ラーメン 長野駅周辺

権堂にもあったんだ

今日は権堂にある「吟屋」へ。

地下道にポスターが張ってあったりと、存在自体は知っていたのですが行く機会もなかなかなく・・・。

どうしても本店の方に目がいってしまうんですよね。

坦々麺

「極味噌坦々麺」 800円

冬季限定のメニューだそうです。

運ばれてきた時から香る胡麻の上品な匂いが印象的な一杯。

スープは、一口含むとまず胡麻の風味が押し寄せ、一足遅れてほんのりと辛くなってきます。

色は真っ赤ですがそこまで辛くは無く、体が芯から温まってくる感じがします。

味噌のコクと、胡麻の香りのコラボレーションはなかなかのもの。

これも牛骨ダシなのかな? ちょっとわかりません。


麺はおそらく本店と同じ物。中太でコシのある麺です。

小麦の風味が強く、口の中で胡麻と小麦が混じり合います。

量が少ないのが少々難点かな。


具は特大のチンゲン菜が2本。坦々麺には定番ですね。

スープの辛味と、チンゲン菜のシャキシャキ感は相性抜群。モヤシも隠されています。

上に乗った肉は実に吟屋らしい。スープと自然にマッチング。


父親の食べていた「味噌つけめん」が良かったらしいので、次回食べてみます。

category
ラーメン 長野市

今日はけんとくんと共に課題店であった「わいち」へ。

今回はしっかりと場所を調べてから行きました。前回は暖簾が出てなかったんですね(汗)

12時半前には到着しましたが、中はサラリーマンやOLで満席状態。

ちょっと休み中の高校生は場違いな感じがしました(笑)

わいち

「つけ麺」 780円

東池袋大勝軒で修行をした味だそうです。

量は若干多めですが、幾分あっさり系なのでそこまで苦戦はしません。

スープは、写真では分かりづらいですが、表面に七味唐辛子が浮いています。

味が少々強めで、ちと目立ちすぎのような気もしました。

ただ、辛いのが苦手なけんとくんも食べられたので、そこまで心配する必要はなし。


麺は太めの平打ち。弾力があり、かなりの食べ応え。

スープの酸味を感じながら、スルスルといけるのが特徴です。

豊かな小麦の風味もあり、クセになりそうな味わいでした。


具は分かりづらいですが、チャーシューが数枚と極太メンマ。そしてゆで卵が入っています。

それぞれ固めですが、スープを吸っていて実に食べやすいのが良いですね。

周りではスープを残していく人が多かったですが、スープ割りはちゃんと頼めました。


僕らが食べ終わって帰る1時近くには空いてきていたので、時間はそのあたりが狙い目かと。

category
ラーメン 長野駅周辺

副担任一押し

M澤と別れた後、けんとくんと2軒目へ。

「わいち」に行きたかったのですが、場所がわからず・・・。

そんな時、途方にくれていた僕たちの前に現れたのが「豊龍」でした。

(ちなみにうちのクラスの副担任の先生がオススメだって言ってたなぁ)

豊龍

「豊龍そば(並)」 750円

真っ黒な醤油スープの上に、豪快に振られた背脂が印象的な一杯です。

背脂はレンゲでスープと分けられるほど、くっきりとした固形状の物。

あっさり系のスープを実にマイルドな味へと昇華させています。

背脂を全て食べてしまうとスープは普通の醤油にもどります。一杯で二つの味が楽しめるのは面白い。


麺は特製の低加水麺だそうです。茹で加減は若干固め。

スープをぐんぐん吸い上げるのが特徴的です。これは研究されてますね。

「けん軒」の醤油ラーメンを思い出しました。


具は中華そばらしいものが揃っています。

チャーシューは若干固めでしたが、スープを吸っていてうまかったです。

味玉もトロトロで、これまたスープとの相性が良かったです。


全ての具材がスープと一体になっているのは、ラーメンの理想系と言えるのではないでしょうか。

category
ラーメン 長野駅周辺

BOHの原点

今日はけんとくん、M澤と共にSBC通りにある「笑楽亭」へ。

信州ラーメンのカリスマ、塚田氏の原点となったお店です。

11時半の開店と同時に入りましたが、徐々に混み始め、20分後には満席状態に。

座敷に座ったのですが、隣のおじさんのタバコが気になりました。

やはり飲食店は全面禁煙にすべきかと・・・。


今回は、塩ラーメンにしました。

(BOND OF HEARTSグループではここでしか塩をおいていないので)

浜の塩ラーメン

「浜の塩ラーメン」 650円

写真は大盛り(100円増し)です。

スープは透き通るようにあっさりとした塩。おそらくベースは鶏ガラかと思われます。

脂っこくなく、口当たりも良いのでどんなシチュエーションでも食べられそうです。

ついついクセになり完汁。


麺は中太のストレート。これまたツルツルで一気に啜ることができます。

大盛りは結構なボリュームで、食べ応えアリ。それでいて飽きが来ないのはさすがですね。

固すぎず、やわらかすぎず、絶妙です。


具はシンプルながらも、どれも奥が深いです。

チャーシューは口の中でとろけるほどやわらか。ここ最近のチャーシューではダントツでうまい。

これは是非ともトッピングしてたくさん食べたいところです。

一枚200円と、多少値段は高めですがね(汗) 

味玉もトロトロでgood 半分と言わず、丸々一個食べたいですね~。

メンマは若干多かったです。しかし、スープと相性が良かったので案外すんなりと。


なかなか精度の高い塩ラーメンに出会えました。今度から塩が食べたくなったらここに来ます。

category
ラーメン 長野市
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。